銀歯は見た目も悪いし虫歯にもなりやすい。だから、歯を白くしたい!

虫歯治療でよく使われる「銀歯」。口を開いたり笑ったりした時に、見えてしまうのが気になる方もいるでしょう。実は、銀歯には審美性の問題だけでなく、「虫歯になりやすい」「金属アレルギーの原因になる」などのデメリットもあるのです。銀歯を使わない治療のご相談は、西川口の歯医者「定山歯科クリニック」までお気軽にどうぞ。

その銀歯、白くしませんか?

術前

術後

歯を削ったところに詰め物・被せ物として使われる銀歯のせいで、見た目のコンプレックスを感じている方も少なくありません。当院では、銀歯の代わりにセラミック製の「白い歯」を用いた治療も行っています。銀歯の見た目が気になるなら、きれいな白い歯にしてみませんか?

また、銀歯は金属アレルギーの原因になるため、人によっては肩こりや頭痛、皮膚の炎症などの症状が出てしまうケースもあります。アクセサリーでかぶれやすい人は金属アレルギーの可能性もありますので、注意しましょう。

銀歯がもたらすデメリット
見た目が良くない(目立つ) 金属アレルギーのリスクがある
経年により溶け出たイオンで歯ぐきが黒ずむ 虫歯スパイラルのリスクがある

西川口駅から通える西青木の歯医者「定山歯科クリニック」では、上記のような問題から、銀歯ではなくセラミックの詰め物・被せ物を用いた治療をお勧めしています。

「虫歯スパイラル」とは?

銀歯は歯との間にわずかな隙間ができてしまうため、そこに菌が入り込むと虫歯になってしまいます。それによって銀歯を詰めた歯が虫歯になると、詰め物を取り外して前よりも大きな銀歯を入れることに……。これを何度か繰り返すうちにどんどん歯を削ることになって、最終的には抜歯をしなければならなくなってしまう、というケースが少なくありません。これが「虫歯スパイラル」です。

銀歯の代わりにセラミックの詰め物・被せ物を用いれば、虫歯の再発リスクを抑えることが可能。セラミックなら隙間がほとんどできないので、何度も治療を繰り返さなければならなくなったり、抜歯をしなければならなくなったりすることがありません。

当院の審美メニューについて

オールセラミック

その名のとおりすべてセラミックでできている技工物です。茶渋やタバコのヤニなどが付着しにくく、いつまでも白さを維持することができます。

ジルコニアセラミック

セラミックの一種であるジルコニアのフレームにセラミックを焼きつけた技工物です。耐久性と強度に優れ、真っ白で美しく生体親和性にも優れていることから、「最良素材」として知られています。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合した素材でできた技工物です。硬さと柔らかさを合わせ持ち、咬み心地もよく、詰め物に最適です。ぴったりと馴染むため歯と詰め物との間に隙間ができにくく、二次的な虫歯になりにくいという長所があります。

メタルボンド

薄い金属フレームにセラミックを焼きつけた技工物です。強度が必要な奥歯やブリッジに使われます。オールセラミックほどではないものの、見た目はかなり優れています。被せ物のみに使われます。

安価・短時間で白い歯に 「セレック」とは?

術前

術後

セラミックは加工が困難なため、1つ1つの歯にぴったり合ったものを作るのは高い技術と長い時間が必要でした。
そこで、当院では院内で安価に作れる「セレック」を導入しています。
セラミックを入れてみたいけど不安がある方、お気軽にご相談下さい。

セレックについて、詳しくはこちら

お家で簡単!当院のホワイトニングについて

こんなお悩みをお持ちの方はいませんか?

  • 毎日歯を磨いているのに歯が黄色いのが気になる
  • 人と比べて歯が黄色いので大声で笑えない

こういった悩みをお持ちの方にお勧めしているのが「ホワイトニング」です。
当院で行っているホワイトニングは「ホームホワイトニング」、あなた専用のトレーを作成してその中に薬剤を入れるホワイトニング方法です。

天然の歯を白くするため、歯の色を自然な白色にすることができます。
毎日2~3時間、トレーを装着し、約1~2週間で効果が出ます。

ホームホワイトニングの流れ

1.歯のチェック

虫歯があると白くならなかったり、薬剤がしみる可能性があるのでチェックを行います。

2.トレーの作成

ホワイトニングの薬剤を入れるための型を取り、トレーを作成します

3.トレーの装着

薬剤をトレーに入れ、2~3時間、お口に装着します。

4.白さのチェック

来院いただき、希望の白さになっていればホワイトニングは完了です。
目安は2週間~1ヶ月ほどです。

ホワイトニングの料金

¥10,000(税別)

  • ページ上部へ