白くきれいで精密な歯を、
1DAYで実現できる最新鋭のセレック

ハイテク化がどんどん進む現代において、「歯の1本くらい機械で精密に作れないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。……実は、すでにできるのです。それを可能にしたのが、最新のCAD/CAMシステム「CEREC(セレック)」。セレックを使用すれば、白くきれいで精密なセラミックの歯を「安く」「早く」作ることができます。

通常、被せ物を製作するには、歯型を採取するために粘土を口に入れてしばらくじっとさせられた上、歯科技工所で人の手によって作られるのを何日も待たなければなりませんでした。しかし、セレックなら完成まで1週間から10日程度かかっていた工程を最短1日に短縮できるので、そんな“待ち時間”も不要です。

セレックって何?

きれいなセラミックの歯を1DAYで作れるシステムのことです。
CEREC(セレック)は、3Dカメラで撮影した口腔内の画像をコンピューターで処理し、その画像に合わせてミリングマシン(自動切削機)で自動的にセラミックブロックを削って「歯」を作る最新鋭のCAD/CAMシステムです。審美性や耐久性に優れた精密なセラミック製の歯を、その日のうちにその場で装着することができます。

セレック治療のメリット

Point 1 治療回数・通院回数が少なくなる

コンピューターを使うことにより、精度の高いオールセラミックの人工歯を短時間で製作可能。そのため、仮歯を作るために歯型を採取し、別の日に通院してできあがった仮歯を入れ、またあらためて通院して完成したセラミックの歯をセットする――といった手間をなくすことができます。

Point 2 修復物の品質が非常に高い

セレックでは、徹底した品質管理のもとで製造されたセラミックブロックを使用しています。セラミックブロックの物理的性質は天然歯のエナメル質とほとんど同じ(各種メタル素材、レジン、ジルコニアよりも近い)なので、土台となる歯や咬み合う歯に負担がかからない「長く安心して使える修復物」を作ることが可能。修復物というのは、「強度があればいい」というわけではないのです。

Point 3 再治療のリスクを軽減できる

人工歯の製作に時間がかかっていたこれまでの虫歯治療では、削った部分を補う前に虫歯菌に汚染され、それが「二次虫歯→再治療」というトラブルを招いてしまうことがありました。しかし、セレックなら削った部分を即日修復できるので、歯の寿命を縮める虫歯の再発および再治療のリスクがほとんどありません。

Point 4 患者様の負担を軽減できる

セレックでは3Dカメラで口腔内を直接スキャンするため、嘔吐反射が出やすい患者様にとって不快な歯型の採取が不要です。また麻酔をする場合でも、麻酔が効いている間にすべての処置を終えられるので、装着時に「歯がしみる」といった症状もありません。こうした身体的負担を軽減することは、患者様の不安(精神的負担)軽減にもつながります。

Point 5 従来のセラミック治療に比べて安価

歯科技工所でオールセラミックの人工歯を作る場合、通常は1歯につき10~15万円程度の費用が必要になりますが、セレックなら技工士への外注費(人件費)がかからないので、そのぶん価格を抑えて患者様にご提供することができます。

Point 6 技工士の技量に左右されない

均一な品質のセラミックブロックをコンピューターで正確に切削するため、技工士の手による人工歯製作で起こり得る「精度のバラつき」をなくすことができます

当クリニックでは、セレックの破損を無償で再修理しています

セレックの保証について、当クリニックでは通常使用で破損した場合、無償で再修理致します。ただし、6ヶ月に1度のメインテナンスに来て頂いている方のみに限定させて頂きます。
車でも、メインテナンスをせずに乗り続ければ不具合が出てきますよね。歯もそれと同様に、定期的なメインテナンスを行い、不具合を起こさないようにしていきましょう。

当クリニックへご相談ください

セレックを用いた審美歯科治療では、「早い」「安い」だけでなく、それ以外にもさまざまなメリットを得ることができます。これから虫歯を治療する方はもちろん、すでに治療を終えている方の銀歯の交換にもすぐに対応できますので、気になる方は西川口駅から通える歯医者「定山歯科クリニック」までお気軽にご相談ください。

セレックの価格について(税別)

インレー
(歯の詰め物)
¥30,000
アンレー
(歯の被せ物)
¥40,000
ラミネートベニア
(歯の被せ物)
¥40,000
クラウン
(歯の被せ物)
¥50,000

セレック治療の流れ

当クリニックでは、1日で完了できるセレック治療をご提案しています。こちらでは、セレック治療の流れについてご説明します。

STEP1 口腔内のスキャン

口腔内を3Dカメラで撮影し、データ化します。

STEP2 説明・コンピューター設計

スキャンした口腔内の画像をモニターで映し出し、患者様にもご覧いただきながら状況を説明します。その後、ぴったりと合ったセラミックの歯を設計していきます。

STEP3 セラミックブロックの選定

約20種類あるセラミックブロックの中から、患者様の歯の色調に適したセラミックブロックを選びます。

STEP4 セラミックブロックの切削

コンピューターで設計したデータをもとに、セラミックブロックをミリングマシンで削ります。機械作業なので、設計通りの精密な人工歯を製作することができます。

STEP5 完成・装着

短時間で高精度なセラミックの歯が完成します。できあがったら、同色のセメントで土台となる歯に装着し、咬み合わせなどを調整します。

セレックを用いた詰め物・被せ物製作に関する疑問や質問は、直接西青木の歯医者「定山歯科クリニック」までお問い合わせください。

CERECの症例 その1

レントゲンレントゲン

beforeBefore

afterAfter

afterAfter

インレー(詰め物)とアンレー(側面まで)の2本の銀歯を即日修復しました。どちらもCERECによる治療です。

CERECの症例 その2

レントゲンレントゲン

beforeBefore

afterAfter

afterAfter

左上の4番目~7番目までの歯を即日修復しました。
真ん中の2つがCERECで修復しており、両サイドの2つはCR(保険のレジン)修復を行っています。

その他、より詳しい症例につきましては、症例ページをご参照下さい。

セレック治療にご興味のある方は、こちらからご予約を

  • ページ上部へ